オーストリア造幣局

ウィーン金貨・プラチナウィーンコインハーモニーは、
毎日の価格により変動する地金型コインです。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ

Letter From Austria

13/06/28/ 16:29

早朝に、外交官の妻の友人(在日外国人)からメールが入ってきました。内容は、英語で書かれており、「お知らせしていなかったけれど、家族とフィリピンに週末来ていたのですが、広場で頭に銃を突き付けられ、パスポートから全て捕られたと。本当に恐ろしい酷い出来事ではありましたが、不幸中の幸いは、怪我をせず、無事に生きている事。宿泊費1500ドルを支払う必要があるが、そういう訳で持ち合わせが無いので、助けて欲しいと。連絡をメールに頂ければ、直ぐに振込先を教えるから」とありました。メールは、10分毎に見ていますと最後に書かれ、本人の名前がありました。読みながら、心臓がどきどき。。何とかしてあげなければ、、早朝と言う事もあり、共通の友人達とも相談しようにも、連絡が取れません。その間、一瞬冷静になって考えてみました。先ずは、宛先、私だけでなく、不特定多数(Undisclosed recipients)とありました。次に、私宛であれば、Dear ○○○となる筈が、それは、無。これは怪しい。。と直ぐに返信するのを思いとどまりました。
その後、彼女のご主人の勤務先にも事情を確認する為、連絡し、結局彼女本人から、同日夕方に「メールアドレスがハッキングにあった」と謝罪のメールが届きました。先日も90歳代のアメリカ人の方から、不可思議なメールが。。インターネットで世界中の方々と瞬時に連絡が取れる様になった便利さがある反面、こう言う怖い事もあるのだと痛感しました。友人は、私の宝物。そのスタンスは変わりませんが、直ぐには行動は起こさず、先ずは冷静に考え判断し、動く事が大切であると改めて感じました。
皆様、どうぞ良い週末をお過ごしください。

Miko

13/06/25/ 17:46

今日は、私が敬愛する方の葬儀に行ってきました。あまりに突然のお別れだったので、信じたく無い気持ちで一杯ですが、色々な事を教えて頂きました。人との出会いも「一期一会」と考え、一つ一つの出会いを大切になさる方でした。定期的に当時在日オーストリア大使館大使でいらしたバステル大使閣下と交流を持ちましたが、その時も、大使閣下にお目にかかる前には必ず、オーストリア、欧州の時事を調べ、大使が興味を持ちそうな話題を予め準備し、その会合に臨んだ程でした。後輩の指導にも熱心で、今迄培っていらした経験を惜しみ無く、後輩に教え分かち合う、心の広い素晴らしい方でした。2010年夏にオーストリア造幣局の当時の局長の娘がインターンシップで、田中貴金属さんにお世話になりました。その時に、恐らく彼女は、外国人では唯一の「高田塾」の生徒として受講しました。
その経験は、帰国して社会人になった彼女にとって忘れられない体験になったと確信しています。
その頃のハーモニーニュース、読み返してみましたが、2年以上経った今でも通じる要素が満載です。
先日の「高田塾」で、今迄で一番印象的で嬉しかった事、それは大使ご夫妻を天神祭にご案内した時です。と仰っていたそうです。同行していた私も、それを聞いて、とても光栄に嬉しく思います。お祭りの後で散策した法善寺横丁の話は、先日も前大使閣下とウィーンで再会した時に、凄く印象的で楽しかったと、お話に出た程です。正に以心伝心ですね。下記の中に高田塾の記事が掲載されています。

http://www.austrianmint-jp.com/pdf/harmonynews/harmonynews_2010_dec.pdf

日々、色々な方々と様々な出会いがあります。友人と会う時も、その一時を大切にこれからも過ごしていけたらと思います。皆様に取りまして、今週も良い1週間であります様に。

Miko

13/06/20/ 17:18

おととい、金に関する著書が違う出版社からではありますが、2冊同時期に出たと言う事で、合同出版記念パーティが行われました。こういった事は結構珍しいのかな?と思います。
お二人共、所謂金業界でお付き合いがあるので行ってきました。入口で先ずは、等身大のお二人の写真に出迎えて頂きました。当日は、金のパーティと言う事で、何か金を見に付けてきて下さいと言う事で、私は、勿論1オンスのウィーン金貨ジュエリーを付けていきました!(こちらは、私の定番!です。)


亀井さん&bruceさん

  お二人の著書に、先ずはサインを頂き!この業界で最先端の情報を持っていらっしゃるお二人ですから、
  後学の為にも、じっくりと楽しみながら、この2冊の本を読ませて頂きたいと思います。

bruce氏著書 41gxjWoiF1L._SL500_AA300_

池水氏の本の表紙には、ウィーン金貨が出ています♪亀井氏の本のタイトルは、やや過激なタイトルではありますが、ご本人の性格と同じで、中身は、真面目な内容です。皆様も本屋さんにいらっしゃった時には、是非、手に取ってみて下さい。

Miko

13/06/17/ 17:08

ウィーン金貨の総代理店の田中貴金属工業株式会社特約店様向けのニュースレター「Noble Metals」の取材を受けました。担当者のY氏は、新卒で田中貴金属ジュエリ株式会社に入社してきてからの長いお付き合い。久々にお仕事でご一緒させて頂きました。取材終了後、一緒に写真を撮って頂き、「変わっていませんね。」と言って頂きましたが、実は、二人共、何まわりか大きくなったと言う感じなのですが、(笑)
吉川さんと共に。Noble Metals

来年のウィーン金貨25周年を前にした取材だったので、今迄お世話になった方々への感謝の気持ちも改めて感じた懐かしい一時でもありましたが、これからのアイディアも色々湧いてきた時でもありました。第三者の方々とお話をしたり、意見交換をする事で脳も良い刺激を受けられますね!

Miko

13/06/10/ 17:52

オーストリア大使館商務部の招きで、ABC(オーストリアビジネス協議会)会員のシュタインバッハ氏が運営するワールド・アンティーク・ブック・プラザの見学ツアーに参加してきました。
知らなかったのですが、日本橋丸善にワールド・アンティーク・ブック・プラザ(3階)は、常設されています。ワールド・アンティーク・ブック・プラザ
丸善日本橋店 3F 10:00~20:00(年中無休 ※元旦のみ休業)
http://www.yushodo.co.jp/wabp/index.html
上記のサイトの動画もなかなか良く出来ています。是非、ご覧下さい。

シュタインバッハ支配人より、アンティーク・ブックの収集方法について説明をして頂きながら、貴重な古書が並ぶ店内の見学ツアーに参加させて頂きました。ブック・プラザの書籍は、個人の方のみならず、公共図書館、大学図書館へも販売しているそうです。びっくりしたのは、展示品の中には、2千万円の値札のついたアンティーク・ブックもあった事です。

この写真は、ドボルザークの楽譜とご本人の署名が入っているオリジナルだそうですが、10年後でも、音楽愛好家でこれが欲しいと思う方は沢山いらっしゃり、その希少性から購入時よりは高い価格で取引出来る可能性が高いので、投資目的で手に入れる方もいらっしゃるそうです。

ワールドアンティークブック、ドボルザーク署名入り

映画「タイタニック」の原作と言われている本の初版、オリジナルも見せて頂きました。これを読むと映画には、描かれていない作者の元々の話も理解出来て面白いと支配人は仰っていました。
江戸時代後期~明治時代に日本を訪れた外国人達がお土産に買っていった本も置いてありました。
全然知らない世界で、とても興味深かったので、次回は、もう少しゆっくりとブック・プラザを訪れようと思いました。実は予定では、「プレゼンテーションの後、三越日本橋店 カフェウィーンへ移動し、イベント参加者とティータイムをお楽しみください。」とあったのですが、残念ながら時間が無く、そちらの参加はなりませんでしたが、大いに盛り上がったそうです。

ワールドアンティークブック、日本古書輸出

少し長くなってしまいましたが、無性に本が読みたくなったイベントでした。日本橋丸善近くにいらっしゃる事があれば、是非、ワールド・アンティーク・ブック・プラザ(3階)に行かれる事をお奨め致します!

Miko

13/06/04/ 16:36

今日は、朝から1オンス金貨ペンダントを胸からぶら下げ?1/10オンスのピアスをして、撮影に臨みました。撮影中に、ピアスのキャッチの部分が落下。何とか撮影を済ませ、15年以上前に購入したピアスで、キャッチの部分はやわらかいプラスチックの様な素材だったので、経年劣化で仕方無いと思いつつ、購入したお店に持っていきました。Ginza Tanaka銀座本店地下一階のリフォームコーナーで事情を説明。店員の方が、ピアスを手に持って、今の状況を懇切丁寧に説明して下さいました。結局、キャッチの部分は交換する部品も特注になってしまうので、それをせずに、ピアスの刺す部分が曲がっていたのをまっすぐにして頂き、ピアスが戻ってきた時は、洗浄迄して下さったそうで、純金のウィーン金貨ピアスは、更にぴっかぴっかになって戻ってきました。

Ginza-Tanaka Reform

新しいピアスに出会った気分、親切に笑顔で接客して下さった店員の方にお礼を述べ、爽やかな気分でお店を後にしました。頭の中には、タンスに眠った色々なジュエリーが出てきます。新しいのを買うのも、楽しいですが、祖母、母からもらったジュエリーをリフォームしても楽しいかも知れないなと感じました。今日は、プチハッピーな気分です。
皆さんも、リフォームどうでしょうか?お奨めです。

Miko

Top