オーストリア造幣局

ウィーン金貨・プラチナウィーンコインハーモニーは、
毎日の価格により変動する地金型コインです。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ

造幣局の歴史

800余年の伝統の上に、新たな歴史を刻み続けるオーストリア造幣局

長い伝統を誇るオーストリア造幣局。
その誕生には、ある歴史的な事件が関わっています。時は1192年、第3次十字軍遠征のさなか、獅子心王と呼ばれたイングランド王リチャード1世が、オーストリア公爵レオポルド5世を侮辱したために、英国への帰路、オーストリアの地を行軍中、捕えられた時にまで遡ります。その後、英国からリチャード1世の釈放と引き換えに11,600kgもの銀を身代金として受け取ったレオポルド5世は 、これを元に1194年、貨幣鋳造をはじめました。これが現在のオーストリア造幣局に繋がるウィーン造幣局の起源です。

以来、長い歳月の中、幾多の混乱と戦争を乗り越え、様々な硬貨の鋳造を行ってきました。今ではその品質と鋳造技術が広く知られることとなり、国際的に高い評価を得ています。
1989年には財務省傘下のオーストリア国立造幣局から、オーストリア中央銀行の子会社としてオーストリア造幣局に改組。同年、ヨーロッパ唯一の純金「地金型金貨」(当時)である「ウィーン金貨ハーモニー」を発行し、日本を含む国際市場への販売を開始しました。
1991年に設立した駐日事務所では、日本国内における「ウィーン金貨ハーモニー」の魅力と金貨資産の啓蒙を目的としたマーケティング活動を意欲的に行っています。

1194
ウィーン造幣局が開局される。
1919
各地にあった造幣局がウィーン1局に統合される。
1989
オーストリア中央銀行の子会社としてオーストリア造幣局に改組。
1989
ヨーロッパ唯一(当時)の地金型金貨として
「ウィーン金貨ハーモニー」発行
1994
オーストリア造幣局開局800年
2004
ウィーン金貨ハーモニー発売15周年を記念して、映画「第三の男」で
有名なプラーター遊園地の大観覧車を金貨デザインでラッピング
2004
「ウィーン金貨ハーオニー1000オンス」発行
2006
オーストリア航空のジェット旅客機を金貨デザインでラッピング
2008
「ウィーンフィル銀貨」発行
2009
「ウィーン金貨ハーモニー」発売20年を記念して「金貨ドレス」制作

沿革

1194年
貨幣鋳造が始まる
1919年
ウィーン造幣局が、新・オーストリア共和国における唯一の造幣局となる
1924年
シリング通貨の導入
1939年
ウィーン造幣局はドイツ帝国に所有され、ドイツ帝国マルクが鋳造される
1945年
再独立し、シリング通貨の再導入
1955年
国立劇場再建を記念した最初の銀の25シリング記念コインを発行
1989年
オーストリア国立造幣局から、オーストリア中央銀行の子会社として「オーストリア造幣局株式会社」と改組
同時にオーストリアで最初の地金型金貨「ウィーン金貨ハーモニー」を発行(1オンス・1/4オンス)
1991年
ウィーン金貨ハーモニー 1/10オンス発売開始
駐日事務所を田中貴金属工業本社ビル内(茅場町)に開設
モーツアルト記念年・特別記念コインを発行
1994年
オーストリア造幣局800周年を迎える
ウィーン金貨ハーモニー 1/2オンス発売開始
1995年
7月に駐日事務所を日本橋小網町に移転
1999年
「ウィーン金貨ハーモニー」発売10周年
2004年
「ウィーン金貨ハーモニー」発売15周年
「ウィーン金貨ハーモニー1000オンス」発行
映画「第三の男」で有名なプラーター遊園地の大観覧車を、金貨デザインでラッピング
2006年
モーツアルト生誕250周年記念特別企画を実施
オーストリア航空のジェット機を金貨デザインでラッピング
2007年
文化服装学院主催のファッションショーにて金貨ドレス発表
2008年
累計販売枚数1000万枚を突破
「ウィーン・フィル銀貨」発行
2009年
「ウィーン金貨ハーモニー」発売20周年を記念して、「ウィーン金貨ハーモニー20オンス」発行
2011年
駐日事務所開設20周年を迎え、駐日事務所を日本橋小舟町に移転

Top